【 匠の職人の手で全力生産中!】ヘッドホンのニューノーマルツール!多くの方にご購入頂きありがとうございます!

BLOG

Beats studio3 wireless に つかない理由

 1.今回のヘッドホン

メーカー:ビーツ・エレクトロニクス(Beats by Dr.Dre)
名 称 :studio3 wireless MX3Y2PA/A
色   :White
価 格 :約35,000円
(価格.comより)

 

 2.サイズ

A)外周長  :約273.0mm
B)内周長  :約150.0mm
C)パッド周長:約50.0mm
適合表では⇒M55

 3.ボタンなどの位置

右側:stereoジャック
左側:充電端子(microUSB)

 4.特徴

・ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)とApple W1チップを搭載したワイヤレスヘッドホン。
・Pure ANCが遮断すべき外部音を常に特定してブロックし、それぞれの音に合わせた調整を自動で行いながら音楽を再生する。
・Fast Fuel機能搭載により、10分の充電で約3時間再生できる。
(価格.comより)

 

 5.装着できない理由は?

理由:パッド内側のふところが無く、芯材を入れることができないため。
通常、パッド内側にふところ(スペース)があるのですが、
↓ふところ(スペース)と、芯材が入る様子

 

 

▶studio3は特殊形状なため、そのふところ(スペース)が存在しません。
↓ふところがない。

そのため、カバーを入れても入りません。

 6.結論

▶課題:芯材のサイズを専用サイズに変更する必要がある。

 

今後、ご要望が多くありましたら、専用サイズとして設計を行いたいと思います。
もし、Beatsにも取り付けしたい!と思われましたら、お問い合わせまでご連絡くださいm(__)m

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment