【春が近づいてます!】ヘッドホンのニューノーマルツール!多くの方にご購入頂きありがとうございます!

BLOG

BOSE Noise Cancelling Headphones 700 に全サイズを着けてみた

 1.今回のヘッドホン

メーカー:BOSE
名 称 :Noise Cancelling Headphones 700
色   :ラックスシルバー
価 格 :約40,000円
(価格.comより)

 2.サイズ

A)外周長  :約283.0mm
B)内周長  :約157.0mm
C)パッド周長:約45.0mm
適合表では⇒M55

 3.ボタンなどの位置

右側:起動/接続/音声アシスタント/充電端子(USB-C)
左側:ノイズコントロール/stereoジャック

 4.特徴

・4マイクシステムを搭載したヘッドホン。ユーザーの声と周囲のノイズを分離しノイズをキャンセルし、周りが騒がしくてもクリアに聞こえ正確に伝わる。

・GoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応し、アプリを開くと適切な音声アシスタントが自動で選択され、右イヤーカップのボタンを押すだけで起動する。

・拡張現実プラットフォーム「Bose AR」に対応。装着中の頭の方向や体の動きを検知しユーザーの場所や状況に合わせてオーディオコンテンツを提供。
(価格.comより)

 

 5.装着してみる!

①M55



【ボタン寸止め固定】▼

カバー生地がピッタリフィットしているものをお選びください。

▶カバーをキレイに付けたい!という方はこちらで段階毎に詳しく説明しておりますので御覧ください。(今ちょっと工事中。)

 

 

②M70
生地が大きいため、奥まで覆えるサイズになります。ガッツリ側面ごとカバーしたい方にはピッタリなサイズです。▼

とてもキレイに奥までカバーできています。EarTouchを着ける事を想定したデザインなのでは。。▼

奥まできっちりカバー出来る上に、パッド部分は余裕を持ってきちんとカバーできます。▼

 

 

③L70
中心芯材サイズが大きので、入りませんでした^^;▼


▼ブッサし(2回目)。▼

 

 

 

 6.結論

 

M55サイズが最適だと思います。QC35から進化したこのヘッドホンは、音質・デザイン共に大きく向上していると思います。このヘッドホンで、街中を歩くとオシャレ度がグッと増しますよね!大きさはSONY WH-1000XM4に比べると一回り(外周長差約6mm小さい)小さいので、見た目よりもコンパクトな感じがします。余計なものが削ぎ落とされた、流れるようなデザインはとても近未来的なヘッドホンをイメージさせてくれています。この洗練されたデザインで、ラックスシルバーの色に合う色は、シルバーかホワイト系がマッチします!何も着けていないようなデザインマッチする色がカッコいい!

 

M70サイズでもきっちりカバーしたい方には最適です。ハウジング部分まですっぽりを覆えるので傷防止にもOKです!奥までしっかりカバーすれば、全体的に保護できますし、誰も見ていないご自宅でのご利用の場合はこのサイズでも良いと思います(^^) しかも、すっぽりカバーすれば、洗練されたヘッドホンデザインにとてもマッチしていて、まるでカバーする事を想定したデザインになっているような感覚にさえ、なってしまいます。TPOに合わせて、サイズや色を使い分けるのはめっちゃオシャレですよね(^^) 街中でカバーで差し色でオシャレしたBOSEヘッドホンは密かに注目を浴びそうです(^^)

 

③L70サイズは、芯材が大きくてはいりませんでした。そもそも大きいので中心芯材自体が入りませんので、ご注意くださいm(__)m

 

 

結論1:最適サイズは①M55。

結論2:しっかりカバーしたい場合は②M70でもOK!すっぽりカバーでもデザインがくずれないのは良いポイント!TPOに合わせてサイズ・色を使い分けて楽しんでみてはいかがでしょうか(^^)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment