【売切れ申し訳ございません!】ヘッドホンのニューノーマルツール!多くの方にご購入頂きありがとうございます!9/11在庫調整中です!もうしばらくお待ち下さいm(__)m

BLOG

OPEN構造

 

OPEN構造の開発には構造計算による
3D立体設計を用いました。

この「新しいカタチ」をつくるためには中心芯材の存在が欠かせません。

「中心芯材」は導き出された数値を満たす必要がありました。

それは、

①高い伸縮性生地を固定できる「強度」を保ちながら、
②女性の指でも変形できる「柔軟性

の2点を併せ持った素材を探す必要がありました。

素材選定は、あらゆる素材で試作・試験を行いました。
実は、この選定にもっとも時間を要することになりました。

そして奇跡的に、求めていた「強度」と「柔軟性」を併せもつ素材に出会えたことで、外れにくいOPEN構造」を実現することができました。

 

この奇跡は、私ひとりではなし得ることはできませんでした。
プロジェクトにご参加いただいた関係企業様・関係者様の多大なる
ご協力のおかげでなし得た結果です。

 

 

POINT!【 矛盾共存条件 】

「強度」と「柔軟性」の矛盾条件を共存

強度(形状保持力):しっかりホールドする素材の強度

柔軟性:女性でも指先で曲げられる素材の柔軟性

この2つが共存する特殊素材により「OPEN構造」が実現。

その問題点を力学的に解析し、
お客様に納得していただける3D立体設計による
独自構造」を創り出すことに成功。

それが、EarTouchの「OPEN構造」です。

 

 

【 注 意 点 】

中心芯材は素材をリング状に形成し固着させているため、固着点で曲がることがありますが、性能には問題ございませんのでご安心ください。しかし、中心芯材を広げる方向に強い力を加えたり、洗濯機で洗濯した場合など、固着点が剥離する可能性がありますのでご注意ください。

 

1件のコメント »

  1. […] OPEN構造 […]

    ピンバック by EarTouchとは? | EarTouch — -'20/06/08 @ 9:34 AM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment