【春が近づいてます!】ヘッドホンのニューノーマルツール!多くの方にご購入頂きありがとうございます!

BLOG

SONY WH-1000XM4に全サイズを着けてみた

 1.今回のヘッドホン

メーカー:SONY
名 称 :WH-1000XM4
色   :BLACK
価 格 :約44,000円
(価格.comより)

 2.サイズ

A)外周長  :約289.0mm
B)内周長  :約160.0mm
C)パッド周長:約45.0mm
適合表では⇒M55

 3.ボタンなどの位置

右側:起動/接続/stereoジャック
左側:充電端子(USB-C)

 4.特徴

・独自の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」の性能をさらに引き出し、ノイズキャンセリング性能が向上したワイヤレスヘッドホン。
・AI技術を組み込んだ「DSEE Extreme」により、CD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源をハイレゾ級の高音質で楽しめる。
・40kHzまでの高域再生が可能な専用設計の40mmHDドライバーユニットを搭載。付属のケーブルを接続すればハイレゾ音源をそのままに再生可能。
(価格.comより)

 

 5.装着してみる!

①M55



【ボタン寸止め固定】▼



SONY WH-1000MX4の最大の特徴でもある内部センサーには干渉しませんので、本来のヘッドホンセンサー機能は安心してお使い頂けます。▼

カバー生地がピッタリフィットしているものをお選びください。

▶カバーをキレイに付けたい!という方はこちらで段階毎に詳しく説明しておりますので御覧ください。
⇒「ヘッドホンカバーを華麗に装着する8step

 

 

 

②M70
生地が大きいため、奥まで覆えるサイズになります。ガッツリ側面ごとカバーしたい方にはピッタリなサイズです。▼


奥まできっちりカバー出来る上に、パッド部分は余裕を持ってきちんとカバーできます。▼

もちろんMX4の内部センサーはご利用頂けます。▼

 

 

③L70
中心芯材サイズが大きので、入りませんでした^^;▼


▼ブッサし。▼

 

 

 

 6.結論

 

M55サイズが適度だと思います。MX3から進化したMX4はヘビーユースしてます。この装着で、新幹線移動時や自宅でとても快適にヘッドホンライフを楽しんでます!しかも今回のバージョンから追加されたセンサー機能(内部センサー)による自動ON・OFFの機能は阻害しません。センサーに生地が被さると、センサーがきどうせず、正常な動作をしない可能性がございますので、カバー装着時はセンサー位置をご確認くださいm(__)m

 

②M70サイズでボタン外し固定だとダブつきます。しかし、ハウジング部分まですっぽりを覆ってしまいたい場合は、M70の選択もOKです!奥までしっかりカバーすれば、全体的に保護できますし、誰も見ていないご自宅でのご利用の場合はこのサイズでも良いと思います(^^)TPOに合わせて、サイズや色を使い分けるのはオシャレですよね(^^)

 

③L70サイズは、芯材が大きくてはいりませんでした。そもそも大きいので中心芯材自体が入りませんので、ご注意くださいm(__)m

 

 

結論1:最適サイズは①M55。

結論2:しっかりカバーしたい場合は②M70でもOK!TPOに合わせてサイズ・色を使い分けて楽しんでみてはいかがでしょうか(^^)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment